おまとめローン注意点

おまとめローン審査が通りやすい銀行、申し込みで気を付けることは?

自宅、勤務先の情報は慎重に

画像
おまとめローンは高額のお金を融資するサービス。

 

それだけに、審査担当者のチェックは厳しくなりますし、申込書に記入した情報1つ1つを入念に確認しています。

 

その中でも気を付けたいのは、自宅の住所です。

 

すべての金融会社が実施しているワケではありませんが、申込書の住所に本当に住居があるか、住宅地図を使って確認することがあります。

 

また、審査が終わった後の身分証明書提出時にも、現住所確認が行われます。

 

住所を偽る人はいないと思いますが、正しい住所を記入することを心がけましょう。

 

住所以上に慎重になってほしいのが、勤務先の情報です。

 

中でも、電話番号は在籍確認で審査担当者が連絡用に使うので、こちらも間違いがないように!

 

勤続年数も正確に!

銀行のおまとめローンの場合、現在、在職している会社の勤続年数も審査で考慮されます。

 

したがって、入社年月をしっかりと確認して、勤続年数を入力しましょう。

 

この項目も、後に提出する社会保険証で確認されることがあるので、審査担当者の信用を落とさないためにも、申し込み書は、焦らずゆっくり、正しく入力しましょう!

 

ちなみに、会社が発行する社会保険証には、入社年月日が記載されています。

 

最初から、おまとめローン審査が通りやすい銀行ということはなくても、信頼の積み重ねが審査結果に表れます。

 

こうした正しい情報の申告は、プラスにはたらくことはあっても、マイナスになることはありません。

 

言うまでもなく、審査で重要になってくる他社からの借り入れ額も、正確に記入しましょう。

おまとめローンのおすすめランキング!