ローンが通りやすい人、通りにくい人

年収証明書の提出義務

改正賃金業法の改正により、年収証明書の提出義務が法令により定められています。
これは住宅ローンの申請だけではなく、クレジットカードのキャッシングや、消費者金融会社のキャッシングなどでも年収証明書の提出義務があるのです。
これは総量規制により、多重債務を負っている人を極力減らす目的で年収証明書の提出義務を行っているのです。
そもそも総量規制というのは、年収の3分の1の融資額までしか受けられない融資額を規制する法律です。

すべてのキャッシングが総量規制の対象となっています。
クレジット会社や消費者金融会社は、個人信用情報機関で貸付をする個人の現在の債務状況を確認することも義務づけられており、年収証明書と、債務残高状況を把握し、 年収の3分の1の借り入れを行っている場合は新たな融資を断る事が出来ます。その為に年収証明書は必要になるのです。
これも多重債務による、債務整理や、自己破産者をなくす目的があり、改正賃金業法が制定されたのです。

尚、銀行での住宅ローンに関しましては改正賃金業法ではなく、銀行法による賃金法となるため総量規制対象ではありません。
その為、住宅ローンは年収の3分の1以上の融資を受ける事が出来ますので、総量規制はあくまで消費者金融会社やクレジット会社などの一般金融会社での融資を対象としているのです。


関連サイト

モビット審査口コミ
モビットのキャッシングはCMもしていて認知度も上がってきました。
審査は甘いのでしょうか。口コミを確認してみましょう。
www.cardloan-webkanketsu.com/

Copyright 2011 ローンが通りやすい人、通りにくい人, Inc.