ローンが通りやすい人、通りにくい人

厳格化する与信調査

クレジット会社や消費者金融会社などは、債務者の個人信用情報を調査し、支払い可能見込み額を算出し、融資を行う事が義務付けられています。
また、債務者も全ての消費者金融会社や、クレジット会社の融資額、または与信枠を年収の3分の1までと改正賃金業法の総量規制でダさめられています。
この、消費者金融会社や、クレジット会社の厳格化する与信調査は多重債務や自己破産を防止する目的で国により義務付けられているのです。
その為、消費者金融会社やクレジット会社から融資を受ける際には、源泉徴収票などの年収を証明出来る書類が必要になる場合があります。
定期的に安定した収入が見込めない場合は融資を受ける事ができませんので、当然の事と言えば当然です。

また、消費者金融会社やクレジット会社は、個人信用情報期間で、債務者の債務残高状況や、他のクレジットの与信枠などを調査しなければいけないことも義務付けられています。
仮に、年収の3分の1以上の借り入れがある場合は、融資を受ける事ができません。またクレジットカードの入会すらできない場合もあります。
しかし、特例として、総量規制の対象とならない場合があり、緊急に資金を必要とする場合、上限を10万円までとして、借り入れすることが出来ます。


関連サイトはこちら

ほのぼのレイク審査の基準甘い
ほのぼのレイクって人気があるけど、審査って厳しいの?
実際の審査や返済についての知識を詳しく紹介しています。
www.sinsakutikomi.com/

Copyright 2011 ローンが通りやすい人、通りにくい人, Inc.