ローンが通りやすい人、通りにくい人

ローン通りやすい

住宅ローンって審査がありますよね。
この審査に落ちてしまったら、ローンを組むことはできませんが、ローン通りやすい条件っていうのは何かあるんでしょうか。

もちろん年収によっても違うと思いますけど、他には、やはり公務員の方が通りやすいってことはあるのかなあ。
芸能人って不安定な仕事だからローンが組みにくいってよく言いますよね。
それとは逆の立場にあるのが公務員だし、リストラもなく永久雇用が約束されている公務員って、やっぱローン審査ではかなり有利なんじゃないかな。

公務員じゃなくても、SBIのフラット35は通りやすいそうです。
なぜなのかは分からないけど、Q&Aサイトでそう書かれていました。 正社員じゃなくても審査に通るみたいなので、正社員として働いていない人でも、SBIのフラット35を利用すれば、家が買えるかもしれませんね。

住宅ローンの審査で重視されるのは、住宅ローンやその他のローンの年間合計返済額の割合を表す返済比率だそうです。
この返済比率は35%までというのが基準になっているため、それを超える額の融資はできないとか。
確かに貸す側にしても、ちゃんと返済能力があるのかどうかを考えないといけないので、融資も慎重になりますよね。

ローン審査が通りやすいところと、そうでないところがあるようですが、通りやすいところって、何を基準に融資するか否かを決定しているんでしょうね。
借りる側からすれば、審査はできるだけ甘い方がありがたいんでしょうけど…。
でも、甘いところってなんとなく不安がよぎってしまいます。 住宅ローンの審査に通らなければ住宅が購入できないから困るけど、ほんとは借りる側も、ちゃんと自分に借入できる条件がそろった後で借りるという意識じゃないといけないでしょうね。

住宅ローンってムリがあると、かなり苦しい生活が強いられるし、もしも不景気で給料が減ったら、たちまち返済できなくなってしまうというリスクもありますよね。
だからできるだけ余裕のある返済計画が立てられる借入額にしておかないといけないんでしょう。
とはいえ、それでは家が買えない…という人も少なくないのかも。
ムリして新築を買わなくても、ランクを下げて中古住宅にするなど、基盤となる生活が揺るがないような選択をしないとね。
住宅ローンって返済できなければ家を手放さなければいけなくなるし、家っていうのは仕事をするにしても生活するにしても絶対的に必要なものだから、ムリのある購入は禁物ですよね。

Copyright 2011 ローンが通りやすい人、通りにくい人, Inc.
全銀協|全国銀行協会